犬と野菜を囲む女性のイメージ

犬は肉食だから野菜は必要ないし、与えない方がいいという意見もありますが、本当にそうなのでしょうか?

ドッグフードやオヤツの成分を見ると野菜が含まれることがありますが、それは犬にとって必要ないものなのでしょうか?

一般的に、犬は人のように消化器官が優れていないので「野菜は必要ない」という風に言われています。

ただし、これは野菜を大量に食べた時の話です。

犬が野菜を大量に食べると完全には消化できず、お腹の中にガスが溜まりやすくなります。

しかし少量であれば、きちんと消化できるので、犬が野菜を食べても問題はありません。













犬が食べても良い野菜と絶対にダメな野菜

そもそも犬はどんな野菜でも食べられるわけではありません。

野菜の中には、犬が中毒を起こすモノもあるので与える時には注意が必要です。

ここでは代表的な野菜をいくつか紹介していますが、最低でも食べてはいけない野菜は暗記しておきましょう。

犬が食べても大丈夫なおすすめ野菜

ここで紹介する野菜にはビタミンやミネラルが多く含まれ、犬の健康にも良いモノなのですが、与えすぎないようにしましょう。

さつまいも

サツマイモのイメージ

カナガンドッグフードオリジンドッグフードなどにも使われています。

低GIなので、血糖コントロールやダイエットにも効果的です。

紫芋のような実の部分が紫色の種類の物は、アントシアニンというポリフェノールの一種が多く含まれ、肝臓の機能が向上する事が分かっています。

※食物繊維が豊富なので、与えすぎると消化不良を起こすので注意しましょう。

かぼちゃ

カボチャのイメージ

モグワンドッグフードなどで使われている野菜です。

かぼちゃはビタミンを多く含む野菜です。

特に、βカロチンは抗酸化作用があり、生活習慣病やガンの予防に効果が期待できます。

かぼちゃはカロリーが高いので、与える際は、皮とワタを取り除いて、与えすぎには注意しましょう。

かぼちゃの種は、湯がいてから乾煎りすれば、栄養たっぷりのおやつになります。

大根

ダイコンのイメージ

意外かもしれませんが、犬は大根を好んで食べます。

大根には、ジアスターゼという消化酵素が含まれており、消化をサポートします。

ただし加熱すると効果がなくなるので、生のまま与えましょう。

※大根は部位によって辛みが違うので、上(葉に近い部分)の方を利用してください。

トマト

トマトのイメージ

トマトは、ビタミンや体の中の塩分を排出するサポートを行うカリウム、食物繊維も含まれる栄養豊富な野菜です。

特に、トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用に優れており、ビタミンEの100倍あると言われています。

生のトマトは、リコピンの吸収が低いため、ドライトマトのように加工してる物を利用すると吸収率が上がります。

にんじん

ニンジンのイメージ

にんじんは、βカロテンが豊富です。

βカロテンは、体内でビタミンAに代わり、皮膚や粘膜を正常に保つ為に必要な栄養素で、抗酸化作用や発がん性物質を抑制する働きがあると言われています。

※生で食べると、ニンジンに含まれる酵素が他の食品のビタミンCを壊してしまうので、軽く下茹でをしてから与えてましょう。

ごぼう

ゴボウのイメージ

ごぼうは、食物繊維が豊富で、整腸作用があります。

血糖値の上昇を緩やかにする効果もあるので、糖尿病の犬にもオススメな野菜です。

与えすぎると、消化不良を起こすので注意しましょう。

たけのこ

タケノコのイメージ

高血圧を抑制する効果があるカリウムや、食物繊維、ビタミンEが含まれます。

切り口につく白い粉状の物は、チロシンというアミノ酸の一種です。

チロシンは、脳や神経の働きをよくすると言われています。

根元より、先端の部分の方が栄養が豊富です。

ブロッコリー

ブロッコリーのイメージ

ブロッコリーは、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜です。

特に、ビタミンCはレモンの2倍あります。

元々、含有しているビタミンCが多いので、調理してもビタミンCが十分に摂れる事が特徴です。

その他、カルシウム・カリウムなどを含みます。

花蕾(一般的に食べれれる部分)より茎の方が栄養が豊富です。

※大量に食べると、甲状腺の機能低下を起こすことがあるので、与える量に注意しましょう

じゃがいも

ジャガイモのイメージ

栄養価が高く低カロリーなので、ドッグフードの原料によく使われています。

ビタミンCを多く含み、デンプンのおかげで加熱してもビタミンを損なう事がありません。

調理しやすく、与えやすい野菜です。

えだまめ

エダマメのイメージ

えだまめは、大豆が熟す前の物で栄養価が高いのが特徴です。

良質なタンパク源で、カルシウム・カリウム・ビタミンB1を多く含みます。

ビタミンB1は、代謝を高め、疲労回復に効果的なので、夏バテ気味の犬にピッタリの野菜です。

※大豆と同じ成分なので、大豆アレルギーがある犬は、食べれません。

犬に与えてはダメな野菜

犬が食べると、中毒や下痢を起こす危険な野菜です。

与えないのはもちろんですが、拾い食いにも十分注意しましょう。

万が一食べてしまった場合は、すぐに動物病院へ連絡してください。

玉ねぎ

タマネギのイメージ

犬に玉ねぎを与えてはいけない事は、よく知られています。

玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分が赤血球を壊してしまい、貧血や血尿などを引き起こします。

長ネギ・にら・にんにくなどのネギ類も同様です。

犬によって許容範囲が異なりますが、大量に摂取すると命に関わります。

アボカド

アボカドのイメージ

アボカドは、人以外が食べると中毒症状が起きる可能性があります。

ペルジンという殺菌作用のある毒性の成分が含まれ、含有量はアボカドの種類や熟成度によって異なります。

毒性はあまり高くないので、すべての犬が中毒症状を起こすわけではないですが、特別な理由がない限り与えない方がいいでしょう。

アボカドを原料に使った海外の有名ドッグフードが評価されている事もあるので、一概に食べない方がいいとも言えません。

与える場合は、完全に熟した物(表面が茶色くなっている)を少量にし、与えた後は体調に変化がないかを確認してください。

キャベツなどのアブラナ科の野菜

キャベツのイメージ

キャベツ・ブロッコリー・白菜などのアブラナ科の野菜は、ゴイトリンという成分が含まれます。

ゴイトリンは、甲状線ホルモンにヨウ素を取り込む邪魔をするので、食べ過ぎると甲状腺の機能低下を引き起こす可能性があります。

絶対に食べてはいけない物ではありませんが、少量にしておきましょう。

※甲状腺に疾患がある犬にあげる場合は、獣医師に相談してください。

ホウレン草

ホウレンソウのイメージ

ホウレン草には、結石の原因となるシュウ酸が多く含まれますが、茹でた物を少量なら、特に問題ありません。

カルシウムが多い物と一緒に食べる事で、結石を予防する事ができます。

ぶどう・レーズン

ブドウのイメージ

意外と知られていませんが、ぶどう・レーズンは中毒を起こします。

原因はよく分かっていませんが、急性腎不全になる可能性があり、犬の体重1kgあたり32g食べると中毒になると言われています。

少量でも与えると危険です。

誤って食べしまった場合は、急性腎不全の症状が出ないか様子をみましょう。