熱中症になった犬のイメージ

近年の夏の猛烈な暑さに、私たち人間も体調を壊しやすくなっています。

そして、私たち以上に注意が必要なのが「犬の熱中症」です。

暑さによって体調を崩すのは、犬も同じです。

では、愛犬を暑さから守るには、どうしたらいいのでしょうか?













犬の熱中症とは?

私たちは、汗をかくことで体に溜まった熱を放出し、体を冷やすことができます。

しかし、犬にはこの「汗をかく」という事ができません。

犬は、パンティング(口を開け舌を出してハァハァ呼吸すること)で熱を放出します。

湿度や気温が高くなりすぎると、犬の呼吸だけでは熱が放出できません。

これが熱中症へと繋がるのです。

熱中症は、脱水症状や呼吸困難などをおこし、重症化すると死に至ります。

気温が高くなる5月頃から夏場にかけて、注意が必要な病気です。

犬の熱中症の症状

日差しの強い時間帯でなくても、湿度が高ければ朝や夜でも熱中症にかかることがあります。

気温が高い日は、時間帯に関係なく注意が必要です。

熱中症は、下記のような症状が現れます。

  • 呼吸が荒い
  • よだれが大量にでる
  • 元気がなく、ぐったりしている
  • 下痢する
  • 舌に色がおかしい(赤や紫)

これらの症状が1つでも見られたら、熱中症のおそれがあります。

動物病院へ連絡しましょう。

重度の熱中症のおそれがある症状

  • 呼びかけへの反応がにぶい
  • 意識が朦朧としている
  • ふるえている(痙攣)
  • おう吐する
  • 下痢
  • 吐血
  • 血尿

これらの症状が1つでも見られたら、重度の熱中症のおそれがあります。

命に関わるので、すぐに動物病院へ連絡してください。

熱中症の症状で下痢・おう吐・痙攣がでたら、かなり危険な状態です。
応急処置をし、急いで受診しましょう。

犬の熱中症の応急処置方法

愛犬が熱中症になってしまったら、まずは焦らず応急処置を行ってください。

特に、重度の熱中症の症状が見られる場合は、応急処置がとても大事です。

応急処置を行いながら、動物病院へ連絡し、指示を受けましょう。

水をたくさん飲ませる

日の当たる場所から、涼しい場所へと移動させます。

水分が摂れる状態であれば、たくさん飲ませてあげましょう。

用意できるなら、薄めたスポーツ飲料(水で2倍程度に割ったもの)をあげるのも効果的です。

体を冷やす

保冷剤や濡らしたタオルを使って、頭と太い血管のある首、脇、足の付け根などを冷やします。

ホースやシャワーなどで直接水をかけてもOK。

小型犬や子犬などは冷やしすぎると体温が下がり過ぎるので、口や耳の中を時々さわって冷たくなりすぎていないか確かめましょう。

どんな方法でもいいので、とにかく体を冷やすことが重要です。
意識がない状態であっても、症状の悪化を防ぐ為に必ず体を冷やしてください。

症状が落ち着いていても後遺症が出ることがある

充分に体温が下がって、症状が落ち着いても必ず動物病院で診察を受けてください。

見た目では分からない体の内部に後遺症としてダメージを受けている場合もあります。

自己診断はとても危険です。

犬の熱中症の予防対策

場所に限らず、高温多湿の状態であれば、犬は熱中症にかかりやすくなります。

目安は、環境気温22℃以上、湿度60%です。

天気が良ければ、4月頃から当てはまるので、早めの対策が必要。

熱中症は予防をしておけば防げるので、愛犬のためにしっかりと予防策をとりましょう。

室内での熱中症予防

室内でも熱中症の対策は必要です。

閉め切った室内は、室温が高くなります。

窓を開けたり、エアコンや扇風機などで室温が高くなり過ぎないように調整しましょう。

ケージは、直接日があたらない場所や風通しおくの良い涼しい場所においてください。

【夏の暑さ対策】犬の冷房いつから?設定温度は何度?

屋外での熱中症予防

室外で飼っている場合は、日よけなどを利用して日陰や風通しの良い場所を作りましょう。

コンクリートの場所であれば、すのこを敷くことで温度の上昇を防げます。

水を切らすことがないように、こまめにチェックしてください。

車での熱中症予防

犬の熱中症で多いのは、車の中です。

車は熱が籠りやすく、わずか数分でも熱中症になることがあります。

車の中で待機させる場合は、必ずエアコンを入れてください。

少し窓を開けるだけでは換気ができないので、意味がありません。

エアコンを入れていても、万が一のことがあるので、車での留守番は短時間にしておきましょう。

散歩での熱中症予防

夏場の散歩は、地面から反射される反射熱によって、熱中症になりやすいです。

日中は、熱中症だけでなく高温のアスファルトによる肉球のやけどの危険もあります。

早朝や夜の涼しい時間帯に散歩させましょう。

また、散歩の時間を短くしたり、途中で水分補給を行うなどの工夫も必要です。

濡らした洋服を着せるのも効果があります。

熱中症になりやすい犬は?

熱中症は、犬種に関係なくかかる可能性はありますが、熱中症にかかりやすい犬種は特に注意が必要です。

短頭種の犬(シーズー、パグ、ブルドッグ、ペキニーズなど)

短頭種の犬は、鼻がつぶれているので、鼻で「呼吸しづらい」いう特徴があります。

その為、他の犬よりも呼吸数が多く、体温が下げにくくなります。

寒いところが原産の犬(シベリアン・ハスキー、サモエドなど)

雪が多く降るような寒い場所が原産の犬は、毛の生え方が他に犬と違います。

被毛が厚く熱を溜めやすい構造になっているので、暑さに大変弱いので、熱中症予防をしっかり行いましょう。

肥満気味の犬

肥満気味の犬は、皮下脂肪があるので体内に熱が籠りやすい。

脂肪によって呼吸しづらいので、体温調節がうまく出来なくなるので要注意です。

子犬・老犬

体力がない子犬と老犬は、成犬に比べて熱中症になりやすい。

こまめに様子をみるなどの注意が必要です。