歯石の検査を受けるチワワのイメージ

犬の口臭が気になったり、歯がグラグラしているのは、歯石による歯周病が原因の可能性が高いです。

歯石(しせき)は歯垢(しこう)が石灰化した物で、歯石が付いたまま放置しておくと、歯周病(歯槽膿漏)になります。

大変な事になる前に犬の歯石除去をしましょう!













犬の歯石(歯垢)は早期除去と予防が大事

歯周病菌は、心臓や腎臓などにも影響を起こす事がわかっており、きちんとしたケアを受けないと重病化する恐れもあります。

実際に3歳以上の犬の約80%は、歯周病だと言われており、犬のデンタルケアはとても重要です。

犬の歯石が出来る原因

犬の口の中は弱アルカリ性です。

そして弱アルカリ性は虫歯になりにくく、歯石が出来やすいのが特徴です。

約48時間で歯垢が歯石へと変化し、硬化していきます。

犬の歯石とり『自宅で歯石除去』

軽度の歯石であれば、病院に行かず自分で取る事もできます。

ただこれは、犬がおとなしく口を触らせる事が前提です。

嫌がる犬に無理やり行うと、口を触るのを嫌がるようになるので、注意しましょう。

※歯がグラグラしていたり歯茎が腫れている場合は、迷わず動物病院を受診して下さい。

市販の歯石除去剤を使う

手軽に歯石を除去したいなら、市販の歯石除去剤(オーラルケア剤)を使いましょう。

歯石除去剤は、歯石を削るのではなく、少しずつ歯石を溶かす効果があります。

すぐに歯石を除去でませんが、長期間毎日行う事で少しずつ効果が出てきます。

ペッツライフ(PetzLife)「オーラルケア」

ペッツライフ(PetzLife)「オーラルケア」シリーズのイメージ

米国農務省(FDA)の認定許可されているメーカーが作っています。

100%ナチュラルな素材を使用しており、アメリカの動物病院で処方されるメジャーなオーラルケア剤です。

歯垢・歯石・着色・口臭の原因となるバクテリアも除去します。

スプレータイプ(ペパーミント)とジェルタイプ(ペパーミント・サーモン)の3種類あります。

PetzLife Products(英語)

[成分]
精留水・グレインアルコール(穀物由来)・グレープフルーツ種子エキス・ブドウ種子エキス
ハーブオイル(ペパーミント・ローズマリー・タイム・ニーム)
※サーモン味には、サーモンオイルが入ります

LEBA3(リーバスリー)

リーバスリー(LEBA3)の商品イメージ

カナダ原産のスプレータイプのオーラルケア剤です。

口腔合のpHを下げて、唾液の分泌をよくします。

そのため口臭を抑制する効果も期待できます。

LEBA LAB(英語)

[成分]
蒸留水25%、エチルアルコール、植物抽出物(シソ科、バラ科)

器具を使って歯石を除去する

プロ仕様スケーラー♭フラットの商品イメージ

スケーラーという器具を使って、歯石を除去していきます。

スケーラーは、歯科医院で使われる歯石を取る為の器具です。

歯と歯石の間にスケーラーを入れて、引っ掛けて歯石を取っていきます。

人間用でも取る事はできますが、犬専用のスケーラーの方が、取りやすいです。

プロ仕様スケーラー♭フラット

スケーラーを使う時の注意点

初めて行う場合は、犬の体を抑える保定する人・歯石除去を行う人の2人で行いましょう。

歯茎に当たらないように手を添える

  • スケーラーは軽く持ち、あまり力を入れない
  • 犬が嫌がったら、すぐに止める
  • 犬に負担が掛かるので、20分以上は行わない
  • グラグラしている歯や周辺は触らない

歯石を取った後は、必ず研磨剤で表面を磨きましょう。

表面がザラザラしたままだと、歯石の元になる歯垢や食べかすが付きやすくなります。

※必ず研磨剤で表面を磨いたら、濡れたコットンなどで数回拭いて研磨剤を取り除いてください。

 犬の歯石を動物病院で除去しよう

犬の歯石をすべて取り除きたいなら、動物病院での除去をおすすめします。

動物病院で歯石を取る場合、全身麻酔で行うか、麻酔なしで行うの2つの選択肢があります。

動物病院によっては、無麻酔では行わない所もあるので事前に調べておきましょう。

全身麻酔で歯石を取る場合のメリット・デメリット

飼い主にとっては、全身麻酔は、とても不安な物です。

メリット・デメリットを考えて、選んでください。

【全身麻酔のメリット】
  • 歯や歯茎を傷つける心配がない
  • 痛みを感じない
  • すべての歯石を除去できる
  • 歯周病の治療も平行して行える
  • 抜歯ができる
  • 獣医師が施術を行う
  • 誤嚥防止できる(剥がれ落ちた歯石が気管などに入らない)

全身麻酔を行った場合、一度の処置ですべての歯石を取り除く事ができます。

歯周病を悪化させる縁下歯石(歯茎の中にできた歯石)まで取り除くには、全身麻酔をして行うしか方法はありません。

【全身麻酔のデメリット】
  • 麻酔によるリスクがある
  • 事前に血液検査などが必要
  • 費用が高い

全身麻酔の最大のデメリットは、麻酔のリスクです。

高齢や持病がある場合は、血液検査を行う必要があります。

獣医師とよく相談したうえで、決めるようにしましょう。

全身麻酔なし(無麻酔)で歯石を取る場合のメリット・デメリット

麻酔に抵抗がある場合は、麻酔なしで行う事もできます。

【無麻酔のメリット】
  • 麻酔によるリスクがない
  • 短時間で済む
  • 費用が安い
【無麻酔のデメリット】
  • 少しずつしか行えない
  • 縁下歯石(歯茎の中にできた歯石)を取り除けない
  • 歯周病の根本的な治療にはならない
  • 誤嚥の可能性がある(剥がれ落ちた歯石が気管に入るおそれがある)
  • 内側(舌側)は、取り除くことができない
  • 犬は痛みを感じる

犬の歯石除去 費用はいくら?

動物病院は、自由診療なので各病院で診察料が異なります。

【全身麻酔の場合】

日本獣医師会の小動物診療料金実態調査参照

初診または再診料
初診1,000~2,000円・再診500~1,000円
血液検査
1,000~2,000円
X線(口腔内)(胸部)
3,000~5,000円×2
麻酔(吸入60分あたり)
10,000~12,500円
点滴(静脈)
3,000~5,000円
歯石除去
5,000~7,500円
口腔内処置(ポリッシング)
1,000~2,000円

目安として、30,000円くらいだと思ってください。

※体重や病状などでも金額が異なります。

病院によっては、血液検査・歯石除去・麻酔料などがセットで金額が決められている所もあります。

その他、投薬代などが加算されます。

詳しくは、かかりつけの動物病院に問い合わせてください。

【無麻酔の場合】
初診または再診料
初診1,000~2,000円・再診500~1,000円
X線(口腔内)
3,000~5,000円
歯石除去
5,000~7,500円
口腔内処置(ポリッシング)
1,000~2,000円

目安として、10,000円くらいだと思ってください。

※体重や病状などでも金額が異なります。

その他、投薬代などが加算されます。

犬の歯石を予防するには

一番大切なのは、歯磨きです。

歯磨きを行うだけで歯石が付きにくくなります。

歯磨きは、人間と同じで食事の度に行うのが、理想です。

毎日の習慣として、最低1日1回行ってください。

犬は、口の周りを触られるのを嫌がります。

口を触られるのに慣れていない犬は、時間をかけて少しずつ慣れさせましょう。

犬の歯石をおやつで予防

犬の大好きなおやつでも、歯石予防をする事ができます。

歯石予防には固い物がいいと思っている人がいますが、これは間違いです。

蹄などの固すぎる物は、歯が折れたり、ヒビが入ったりするので絶対に与えないでください。

歯石予防におすすめなのは、デンタルガムです。

与える時は、飼い主が持ったまま食べさせてください。

愛犬にそのまま渡すと、自分の噛みやすい方で食べるので、反対側で噛む事がありません。

それでは意味がないので、飼い主が持ったまま与え、左右均等に噛ませてください。

歯磨き後のご褒美として与えると、歯磨きも嫌がらずに行う様になります。

犬の歯石予防におすすめのデンタルガム

デンタルガムを選ぶポイントは《溝》です。

表面が平坦な物より、溝がついたガムを選んでください。

おすすめのデンタルガムは2つです。

グリニーズプラス

グリニーズプラスの商品イメージ

米国獣医口腔衛生協議会から認められたデンタルガムです。歯垢や歯石の蓄積をコントロールします。

※米国獣医口腔衛生協議会は、アメリカの獣医歯科医師・歯科学研究者で構成されるペット用の口腔ケア製品の効果を審査する機関です

ラインナップが豊富ですので、年齢や体重などに合わせて1日1本与えてください。

グリニーズHP

原材料:小麦粉・小麦タンパク・ゼラチン(豚由来)・オーツ麦繊維・タンパク加水分解物・乾燥リンゴ・グリセリン・レシチン・ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)・ミネラル類(カリウム、カルシウム、クロライド、マグネシウム、マンガン、ヨウ素、リン、亜鉛、鉄、銅)・着色料(スイカ色素、ゲニパ色素、ウコン色素)

100%自然素材・果実を使用しています。

オーラベット

オーラベットの商品イメージ

オーラベットは、世界で初めて犬用ガムに塩酸デルモピノールを配合しています。塩酸デルモピノールは、歯垢の原因となる細菌を抑制する効果があり、人の歯の治療にも使われています。

弾力があるので、繰り返し噛む事で歯石を付き難くします。

4種類の大きさがあるので、体重に合わせて1日1本与えてください。

オーラベット

原材料:ゼラチン(豚由来)・精製水・小麦グルテン・グリセリン・大豆粉・米粉・コーンオイル・天然肝臓フレーバー・大豆レシチン・セルロース粉末・酸化チタン・スプレンダスクラロース・炭酸カルシウム・アルファルファ・パセリフレーク・ソルビン酸カリウム・バニリン・硫酸水素ナトリウム・ポビドン・デルモピノール・銅クロロフィリンナトリウム・消ほう剤(シリコーン樹脂)

小麦、大豆や米などの天然由来成分で作られています。