夏の暑さが苦手な犬のイメージ

夏の暑さにバテてしまうのは、私たちだけではありません。

汗をかくことが出来ない犬は、暑さに弱い動物です。

そんな犬との暮らしの中で欠かせないのが、温度管理となります。













冷房(クーラー)を使って犬と快適に暮らす

日本の夏は高温多湿でとても暑く、犬には過ごしずらい季節です。

近年は、異常気象などの影響もあり、5月でも真夏並みの暑さの日もあります。

夏場だと閉め切った室内は、30℃以上になることもあり、犬にとっては大変危険です。

そこで必要となってくるのが「冷房」です。

愛犬が快適に暮らすためには、夏場の冷房対策が欠かせません。

犬の冷房(クーラー)設定温度は何度なの?

あなたは、犬が暮らすための適切な室温が何度か知っていますか?

エアコンメーカーであるダイキンが行った調査によると、ペットを飼っている8割の人が「適切な室温」を知らないそうです。

犬は、大きさや犬種などの個体差があるので、はっきりとした適温があるわけではありませんが、25~27℃が適温だとされています。

これ以上の温度になると、室内でも熱中症になるおそれがあり、大変危険です。

犬の熱中症対策はコレ!初期症状や応急処置の予備知識

愛犬の適温室温を見極める

愛犬の適温室温をみつけるには、よく観察してください。

  • 冷たい場所を探してよく移動する
  • パンティング(ハァハァと舌をだす)をしている
  • 水をよく飲む

平常時にこのような様子が見られたら、犬は“暑い”と感じてることが多いです。

冷房の温度や部屋の環境を見直してみましょう。

犬の冷房対策 除湿(ドライ)をうまく使う

夏場は湿度が70%以上になり、湿気による蒸し暑さが増します。

その蒸し暑さを解消する為に使われるのが、冷房の除湿(ドライ)機能です。

気温が高くても湿度が低ければ、過ごしやすくなります。

犬は、湿度の高さにも弱いので、除湿も夏を乗り切るために必要です。

愛犬が過ごしやすいように、冷房の除湿機能や除湿器を使って、湿度を調整しましょう。

犬が快適な湿度は50~60% あまり湿度を下げると、乾燥によって、喉や気管が傷つき、風邪をひきやすくなります。
ほっておくと、重症化して肺炎になることも・・・。
除湿をする場合は、湿度を下げ過ぎないように気を付けましょう。

犬の冷房対策 ハウスやケージを見直す

冷房を入れた状態でも、場所によって温度が違うことがあります。

犬用のハウスやケージの周りは、適温ですか?

直射日光が当たる場所では、室温が高くなるし、冷房が当たる場所では室温は下がり過ぎます。

どちらも犬にとっては良くないので、ハウスやケージの置き場を替えてください。

場所を替えることが難しいのであれば、「日を遮るカーテンを付ける」「冷房の風向きを変える」などの工夫をしましょう。

犬も冷房病(クーラー病)になる!?

あまり知られていませんが、犬にも冷房病にかかります。

犬は暑さに弱く、寒さに強いというイメージがありますが、冷やしすぎは良くありません。

冷房の冷たい空気は下に流れるため、低い位置にいる犬は冷房の影響を受けやすくなっています。

そのため、冷房病にかかりやすいのです。

また、室温と外気温の差で自立神経も乱れがちになるので、体調を崩しやすくなります。

犬の冷房病(クーラー病)の症状

  • 元気がない
  • おう吐
  • 下痢
  • 血便
  • 咳をする

犬の冷房病は、胃腸を壊しやすいのが特徴です。

特に、下痢をする犬が多く見られます。

下痢をしている場合は、消化の良い物を与えるようにし、水も常温の物を与えるようにしてください。

冷房の設定温度も見直してみましょう。

下痢の症状が治まらないようであれば、動物病院で診察を受けてください。

犬の冷房 合わせて使いたい冷房対策グッズ

人と同じように、犬にも暑がり・寒がりがいます。

順応力に優れた犬ですが、あまり飼い主さんと適温室温が違い過ぎると、体調を壊す原因になってしまいます。

飼い主さんと愛犬が心地よく暮らすために、犬の冷房グッズを活用しましょう。

暑がりな犬におすすめ ひんやりグッズ

短頭種の犬(鼻がつぶれた犬種)であるパグやシーズーは、鼻での呼吸がスムーズに行えないため、体温を下げにくいという特徴があります。

暑さにとても弱い犬種なので、体を冷やしてあげる物が必要です。

おすすめなのは、体の下に敷く冷却マット。

冷却マットのうえに腹ばいになることで、体内の熱を冷やすのに役立ちます。

ハウスやケージ内で冷却マットを使うときは、半面だけに置いてあげると冷えすぎを防ぎ、犬が体温調整しやすいです。

冷却ジェルマット

マットの中にジェルが入っています。

ほどよく冷やしてくれるので、冷えすぎません。

噛み癖のある犬は、使用時に注意が必要です。

クールマット

通気性のよく、触っただけでヒンヤリします。

マットだけでなく、ペットベッドなどの種類が豊富です。

冷却ジェルマット同様、噛み癖のある犬は使用時に注意が必要です。

アルミプレート

アルミプレートは、放熱効果が高いのが特徴です。

硬くて丈夫なので、犬が噛んでも大丈夫。

ただ、室温が高い状態で使うと、あまり冷えません。

その他、アルミの反射を嫌って乗らない犬もいるそうです。

大理石マット

石なので、お手入れがしやすい。

重さがあるので、犬がイタズラする心配がありません。

大理石でなくても、ガーデンニングに使うタイルでも代用可能です。

ホームセンターは、種類が豊富で安く購入できます。